« »

WordPressを日本語環境で安定的に使うためのプラグイン WP Multibyte Patch

WordPressトピックス


WP Multibyte Patchは必ず利用したいプラグインです。

 WordPress日本語版を利用する人は誰もが使っているであろうプラグインのWP Multibyte Patch について説明します。

 このプラグインは、マルチバイト文字(日本語や中国語のような文字)に対して、WordPressで不具合が起きないようにする修正パッチのようなプラグインです。

 サイト内検索などで日本語のキーワードなどを正しく処理したりするのに、必要なプラグインですので必ずインストールすることをおすすめします。

また、WP Multibyte Patch は、抜粋の文字制限などをする場合にも「有効化」する必要があります。

 WP Multibyte Patch は、「有効化」するだけで機能を利用できます。

WP Multibyte Patch の抜粋の文字制限について

 WP Multibyte Patch には、マルチバイトの修正だけでなく、抜粋の文字制限などを行なう機能もあります。記事の抜粋は、特に何も指定しない場合は本文がそのまま表示されるのですが、初期状態では、本文の内容がすべて記述されてしまいます。

WP Multibyte Patchを利用していない場合です。

初期状態だと抜粋は、このように本文の記事をすべて表示してしまいます。

 それを防ぐには、WP Multibyte Patch をインストールして「有効化」して次のような記述をfunctions.php に記入する必要があります。

※記述部分をダブルクリックすると記述が全て選択されます。右クリックで保存して貼り付けてください。

//概要(抜粋)の文字数
function my_excerpt_mblength($length) {
     return 90;
}
add_filter('excerpt_mblength', 'my_excerpt_mblength');

 上の記述では、90文字に文字数を制限しています。 

抜粋の文字数を90文字に設定した場合の表示

このように文字が途中で省略されるようになります。

 抜粋の機能を使うときは、ぜひ設定しましょう。

 おまけ 抜粋の省略文字の修正

 抜粋の文字が省略される時、テーマによっては下のように表示される場合があります。
このように表示される場合、設定を変更する必要があります。 省略の時、どうするかは、functions.php に記入する必要があります。

※記述部分をダブルクリックすると記述が全て選択されます。右クリックで保存して貼り付けてください。

//概要(抜粋)の省略記号
function my_excerpt_more($more) {
  return '…';
}
add_filter('excerpt_more', 'my_excerpt_more');

 次のようにすれば、省略部分は、3点リーダー(…)で表示されるようになります。 

« »

この記事へのコメント

【コメントの投稿の仕方について】

   このサイトでは、「Disqus」と呼ばれるコメント機能を使っています。
  ツイッターやフェイスブックなどにアカウントをお持ちの方は、ログインすることで
  自分の各プロフィールでコメントすることが出来ます。
  なんのアカウントもない人もメールアドレスさえ入力すればコメントできます。
  (入力したメアドはコメント投稿には表示されません。)
  また、コメント欄には画像を張ることも出来ます。


ひと言コメントや、記事の質問や感想など お気軽にお書きください。
  なにか書いていただけると管理人が嬉しがります。