«

GTmetrixの使い方 サイトの速さを調査、改善する

Webサイト情報トピックス


サイトの速さを調べ改善できる便利なサイトです。

 サイトを高速化するのは、SEO的にも重要な項目のひとつです。

 サイトの速さを調査、改善するのに便利なサイトに「GTmetrix」というものがあります。

 「GTmetrix」は、登録しなくても調査したいサイトのURLを入力するだけで調べられます。

 ここではこの便利な調査サイトの「GTmetrix」の使い方などを紹介していきます。「GTmetrix」でサイトが遅くなる問題点を改善してアクセスの速いサイトを目指しましょう。

GTmetrix を使ってみる

 それでは実際に自分のサイトのURLなどを入れてスピードを計ってみましょう。「GTmetrix」は、英語のサイトですので、「Google chrome」のブラウザに搭載されている簡易的な翻訳機能などを利用したりすると、わかりやすいと思います。英語が苦手な方は、うまく活用してください。

GTmetrixのサイトへ

 GTmetrixのトップページに来ましたら、さっそく計測したいサイトのURLを入力してみましょう。

赤枠にURLを記入して調べてみましょう。

赤枠にURLを記入して調べてみましょう。

 アカウントを登録しなくても利用できます。

 URLを入力後クリックして、しばらくすると次のようにサイトの測定結果が表示されます。

測定情報の画面の説明です。このような内容の情報が表示されます。

測定情報の画面の説明です。このような内容の情報が表示されます。

測定結果は、英語で表示されますので読み方を簡単に説明します。
まず注目する箇所は、 「測定した計測結果のまとめ」の部分です。

測定結果です。おおまかな評価がされています。

測定した計測結果のまとめです。おおまかな評価がされています。

それぞれの項目について説明します。 

 Page Speed Grade
 Google社のサイト速度計測サービスの「Page Speed」 のサイト評価です。GTmetrixは、
大手検索サイトが提供している サイト速度計測サービスを簡単に利用でき、改善に役立てられるのに便利なサイトとなっています。評価は%の値が高いほど、速度改善に効率化された優秀なサイトの評価となっています。

 YSlow Grade
 Yahoo社のサイト速度計測サービスの「YSlow」 のサイト評価です。評価は%の値が高いほど、速度改善に効率化された優秀なサイトの評価となっています。GTmetrixは、この2つのサービスの測定結果を簡単に知ることができるのでとても重宝します。

 Page load time
 指定したURLのページをロードするのにかかったトータルの時間が表示されます。といっても実際に表示される時間とは異なりますので目安程度に 考えてください。
ここで測定した値は、サイトの現在のアクセスの状況や時間帯、キャッシュの更新などに影響されますので一定の値ではなく変動します。パフォーマンスを改善するときは、ここの値を参考にするのは、目安にするくらいにしましょう。

 Total page size
 サイトをブラウザが表示するのに受け取ったデータのサイズです。画像やHTMLデータなどすべて合計した値となります。

 Total number of requests
 ブラウザとサーバーのやり取りの回数です。少ないほうが当然、サイトの表示は速くなりますが、自主的に改善することは、あまり出来ない項目ですので、参考程度にしてください。

 以上です。主に、Page Speed GradeYSlow Gradeを後はPage load timeあたりを参考にすると良いでしょう。

 

GTmetrixでサイトパフォーマンスを改善する

 「測定した計測結果の評価の詳細情報」のエリアを確認してください。
選択するタブによっていろいろな情報がみれます。上のように赤枠で囲まれた部分のタブを選択することでさまざまな詳細情報を見ることが出来ます。 

 Page Speedタブ YSlowタブ
  Page SpeedYSlowの読込速度のパフォーマンスについての計測結果での評価の詳しい内容が各項目ごとに一覧で表示されます。

パフォーマンスの評価の詳細項目が表示されます。

パフォーマンスの評価の詳細項目が表示されます。

 表示される項目は、すべて英語で書かれていますのでわかりずらいですが、点数の低い項目が改善ポイントですので、サイトの改善の指針になります。 簡単に読み方を説明しますので参考にしましょう。

RECOMMENDATION
 各パフォーマンス計測サービスでチェックされる項目の名前です。名前部分をクリックすることで、その項目における問題点などがより詳しく表示されます。すべて英語ですので、 「Google chrome」のブラウザに搭載されている簡易的な翻訳機能などを利用すると良いと思います。

GRADE
 その項目における評価ポイントです。少ないほど良くなくパフォーマンスが悪いです。「PRIORITY」の項目と確認しましょう。「GRADE」の評価が悪く、「PRIORITY」 が高いモノから修正していくと良いでしょう。

TYPE
 各問題点の種類です。「Server、Content、Images、CSS、JS」などの種類があります。「Server」は、サーバーの設定などの問題点、「Content」は、HTMLの記述などの問題点、「Images」は画像関係、「CSS」はCSS関係、「JS」はJavaScript関係の問題点という感じでだいたい分類されています。

PRIORITY
 各項目の重要度です。「High(高い)、Medium(中くらい)、Low(低い)」の種類があり、「High」の項目はパフォーマンスに大変影響があります。「High」の項目の評価が低い場合はなるべく改善すると良いでしょう

 

 改善の注意点
 レンタルサーバーなどのサーバーの設定の都合上、改善できない項目は、必ず出来てしまいますので、改善するのが無理だとわかったら素直にあきらめましょう。パフォーマンスを改善することもSEO的に大事なことですが、それ以上にサイトの記事を充実させたりする方が重要です。
 

 Timelineタブ
  ブラウザとサーバーのやり取りにかかった時間を項目ごとに細かく確認できます。

ブラウザとサーバーのやり取りの時間を項目ごとにみれます。

ブラウザとサーバーのやり取りの時間を項目ごとにみれます。

基本的に棒グラフの長さが長いものが処理に時間がかかっているものです。 
どれに読み込みの時間がかかっているかなど視覚的にわかります。参考程度にすると良いでしょう。 

■ Historyタブ
  今までの測定情報を比較したグラフが見れます。

測定オプションを使う

 GTmetrixの測定オプションは、以外に便利なので使い方を載せておきます。

赤枠の部分がオプションの項目です。

赤枠の部分がオプションの項目です。

オプションは、2つあり、「Re-Test Page」が再計測する機能、「Compare to another URL」が複数のサイトのパフォーマンスを比較する機能です。 
 とくに 「Compare to another URL」は、なかなか便利です。

複数のサイトのパフォーマンスを比較できます。

複数のサイトのパフォーマンスを比較できます。

GTmetrixは、 自分のサイトでなくてもパフォーマンスを調査できますので、自分のライバルサイトなどと比較することが出来ます。

おまけ データベースのパフォーマンスの調査

 GTmetrixは、 ブラウザとサーバーのやり取りを調べるのに便利ですが、WordPressで行なっているサーバー内のデータベースの処理がどうなっているかは調べられません。

データベースのやり取りを調べるには、WordPressの計測用のテンプレートタグを使います。

  WordPressの計測用のテンプレートタグは、設定することで、ページの動的作成でデータベースにアクセスした回数(クエリ数)や、PHP→HTMLに変換するのにかかった時間などを表示することができます。
表示の仕方は簡単で、 フッターなどに次のタグを挿入するだけです。

※記述部分をダブルクリックすると記述が全て選択されます。右クリックで保存して貼り付けてください。

<?php echo get_num_queries(); ?> queries. <?php timer_stop(1); ?>

挿入した箇所に、「66 queries . 0.999」というようなかたちで表示されます。例に示した内容は、
クリエ数(データベースへのアクセス回数):66個、PHP→HTML変換0.999秒 という意味となります。

 

«

この記事へのコメント

【コメントの投稿の仕方について】

   このサイトでは、「Disqus」と呼ばれるコメント機能を使っています。
  ツイッターやフェイスブックなどにアカウントをお持ちの方は、ログインすることで
  自分の各プロフィールでコメントすることが出来ます。
  なんのアカウントもない人もメールアドレスさえ入力すればコメントできます。
  (入力したメアドはコメント投稿には表示されません。)
  また、コメント欄には画像を張ることも出来ます。


ひと言コメントや、記事の質問や感想など お気軽にお書きください。
  なにか書いていただけると管理人が嬉しがります。